お得な納税で利用者急増中!【ふるさと納税】とは

「ふるさと納税とはなんだろう?」

高級牛肉の返礼品などで話題のふるさと納税ですが、今までの納税とどう違うのでしょうか?

誰がいくらぐらい出来るのでしょうか?

ふるさと納税という制度は、ただ納めるだけの普通の納税とは違います。

居住地以外の自分の故郷や応援したい自治体など、納税先を定めて寄附する事が出来ます。

つまり自分で自分の支払う税の使い道を選べる制度です。

都市部に集中しやすい住民税などを地方へ分散させ、地方の振興を図るのが目的です。

そして、その寄附先になる地方自治体から、返礼品の数々が用意されています。

「ふるさと納税とは誰でも出来るの?限度額に注意」

返礼品が魅力のふるさと納税ですが、誰でも出来るのでしょうか?

誰でも出来ますが、自己負担金の2000円と寄附金の控除上限額があります。

事前に控除上限額を調べ超過に注意しないと、受けるメリットが少なくなる可能性があります。

所得税や地方税を多く支払っている人ほど、恩恵を受けると言われています。

こちらのページで限度額を概算出来ます。

他の要素で多少金額が前後するかも知れないので、余裕を持った金額を設定する方が良いでしょう。

http://furu-po.com/simulation

控除額の目安をチェック(ふるぽ)

http://www.satofull.jp/static/calculation02.php#sim_content

寄付金の控除上限額(さとふる)

「ふるさと納税とは故郷や地方を応援する寄付である」

2000円の自己負担を超えた金額が、所得税から還付され、住民税からは控除される仕組みです。

つまり、実質2000円の寄附金でその何倍もの金額を、応援したいふるさと、賛同したい施策や活動、災害復興や災害義援金、NPOの活動資金、など寄附先を指定して届ける事が出来ます。

どの自治体も自然や環境の保護、教育、福祉など色々な活動をしています。

家族と縁のある地元の活動を応援することも出来ます。

こちらのページなどから、地方の活動などを知る事が出来ます。

熊本の災害にも多くのふるさと納税が寄せられたようです。

https://www.furusato-tax.jp/use_category.html

ふるさとチョイス

「ふるさと納税で返礼品を貰うとは」

ふるさと納税を行い、お礼に牛肉やカニを貰って得する、という話を聞いた事があると思います。

特産物や民芸品、その他多様な返礼品があるので、返礼品を目的に寄附先を選べば、美味しい物が食べられたり家計が助かったり、遊びが出来たり、地方とも縁が出来たりします。

返礼品は色々な所で宣伝しており、楽天やデパートなどでも購入出来ますし、

ふるさとチョイス

https://www.furusato-tax.jp/about.html

などに、寄附してポイントをもらい、好きな時に地域地産品や旅行と交換出来るシステムもあります。

ふるぽ

http://furu-po.com/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_content=01

これなどは、地域貢献と地域への理解も深まり、ふるさと納税の趣旨に沿います。

「ふるさと納税で得する仕組みとは」

どういう仕組みで、お得感を得られるのでしょうか?

基本的には納税というより寄附という形なります。

希望の寄附先を決め、控除上限額に注意しながら、寄附します。

自治体より寄附証明書を貰い、確定申告又はワンストップ制度を利用し提出します。

自己負担金2000円を除く金額の1割が還付され、残りの9割は次の納税額より差し引かれます。

2000円を除く金額の税金を前払いするという考え方が出来ます。

そうすれば、返礼品が自分の手元に残り、その分がお得になります。



楽天のふるさと納税はポイントも貯まってお得です!

利用意向NO1!ふるさと納税

ふるさと納税で控除される金額は?シミュレーターで楽々計算できます♪

スポンサード リンク


このページのトップへ

【ふるさと納税おすすめランキング】トップへ